FCOOKの仲間でワイワイと(^_^)/

 昨日は久しぶりの仲間たちと、大阪お初天神近くの美味しいお店で集まりました。
 むかし、まだインターネットとかホームページやブログが一般的でなかった時代に「パソコン通信」なるものがありました。
 現@niftyの前身nifty-serveはそのパソコン通信の運営会社の1つです。パソコン通信上にはいろいろなフォーラムがありまして、それぞれフのォーラムにはそれに興味関心のある人々が集まってきて、書き込みをしたりレスを付けたりして楽しんでいました。
 そのなかの1つに「料理ファーラム」(FCOOK)がありました。お料理にまつわるいろいろなことを話題にして楽しむフォーラムです。(いまはniftyにはありませんが、別の所に引き継がれて続いています)
 そのFCOOKですが、阪神大震災のときには、被災地に暖かい食べ物を届ける「おでんプロジェクト」を皮切りに、全国のFCOOKのメンバーが創意工夫を凝らして被災地を勇気づける様々な活動を展開しました。
 たとえば、わが家の近くに設けられていた本庄仮設住宅には、四季折々にあったお料理をその場で調理提供して仮設住宅の人々、とくにご高齢の住人からとても喜んでいただけました。(その活動の一端は、我が畏友TAKESANのホームページをご覧ください。http://www.takesan.com/homepage/sinsai.htm
 ぼく自身も被災していましたが、パソコン通信上のハンドル名でしか知らない遠くに住んでいる人たちが、わざわざ神戸まで重い荷物を背負って来てくれたことにたいへん励まされたのでした。
 そんな活動の副産物(?)として、いままで顔を知らなかったFCOOK同士の連帯と友情が強まりましたし、また若者の中には恋も芽生え、結婚に至ったカップルも複数ありました(^_^)/
 きのうは、そんなカップルの一組(京都の女性と東京の男性)がひさしぶりに関東から京都に帰ってきていてFCOOKの関西メンバーと会いたいということで集まったのでした。
 もう、そのカップルの子どもさんは小学4年生と2年生になっていて、ビックリ。ついこのあいだ結婚式に参列したように思っていたのに…(^_^;)
 そんな仲間と美味しいものを食べながらあれこれ話が弾んで、連休中のたのしいひとときを過ごせました。